1 校区の概要
 (1) 面積  約12q2
 (2) 人口  1,227人 世帯数 519戸(平成25年4月1日現在)
(3) 概況
@地勢と気候
地域全域が火山灰丘陵と数十の渓谷からなっており,丘陵は高台地帯をなして畑地に開発され,南部には山林がおおく,渓谷の流域には水田が開かれている。
 本校区は町の西南に位置し、約三分の一の面積を占めている。細流は永吉川,山方川の源流となって東シナ海に注ぐ薩摩半島の一分水嶺をなしている。昼夜の温度の較差が大きく,降霜地で内陸気候の特徴をもっている。
A経済状況
校区の大半は,140〜160mの大地畑作地帯で,水田にはあまり恵まれない。ビニルハウスによる野菜の栽培が行われるようになった。製茶業も盛んであり,また家畜では飼育牛養鶏,養豚が盛んである。ほとんどが,兼業農家である。
B教育への関心
授業参観やPTA活動。日曜日を利用した参観日,親子グラウンドゴルフ大会等校区をあげて実施している。入佐棒踊り伝承活動も盛んである。
  
2 児童数(平成30年4月6日現在)
学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 合計
男子 11 5 37
女子 11 27
14 13 16
64