◇旧郡山小学校


沿革
明治 11 郡山小学校設置(下等小学校のみ)
16 学制改革により初等,中等,高等科を設置
18 大浦,西俣小学校を廃止し,本校に統合
20 郡山尋常小学校と改称
24 12 郡山高等小学校を設置し,郡山尋常小学校に併設
25 小学校令改正とともに郡山高等小学校に特設
26 改築校舎落成
34 郡山高等小学校を廃し,郡山尋常小学校に併設,郡山尋常高等小学校と改称
38 郡山女子実業補習学校を併設
大正 12 全校舎の改築
校歌制定(東京府視学官 肥後盛熊氏)
昭和 16 郡山国民学校と改称
28 本館2階教室完成(旧役場)
28 12 校歌制定(創立70周年記念) 鹿大蓑手重則教授
29 日置郡主催国語研究公開
30 日置郡主催図画工作科研究公開
32 町村合併により有屋田児童70名入学
33 創立80周年記念式典挙行,改正新校旗推載
35 講堂兼屋内運動場落成式挙行
37 10 A型完全給食実施,給食調理室落成
39 町体育中心校として研究公開
40 2月10日を創立記念日に設定,式典及び展覧会実施
41 算数科地区指定校として中間発表
41 11 算数科地区指定校として研究公開
44 創立90周年記念式典並びに学芸会開催
44 県PTA活動委嘱公開開催
45 10 地区特別活動指定校として研究公開
46 県指定PTA活動研究公開